Blogエコスマイルのオフィシャルブログ

4代目50プリウスの前期と後期の違いを徹底解説。好みのモデルを見つけよう!

2023.11.4  お知らせ  , , , , , , , , , , ,

2023年1月に新型プリウスとなる「5代目プリウス(60系)」が発売されました。しかし、中古車市場では2015年に誕生した4代目モデル「50プリウス」の人気がまだまだ衰えていません。50プリウスは、2018年12月に後期モデルへとマイナーチェンジしました。

そこで、今回は50プリウスの前期と後期モデルの違いを比較、解説いたします。どちらのモデルが自分の好みに合うか見つけましょう!

①外観の違い

前期モデル
後期モデル

・ヘッドライト
前期モデルのヘッドライトは「Z」に似たような形状で、歌舞伎顔とも言われていました。一方、後期モデルのヘッドライトは直線を意識したシャープなデザインです。

・フロントバンパー
前期モデルではヘッドライトと同様にインパクトあるデザインです。これに対して後期モデルは、ライト下の開口部がやや縦長になり、スポーティーさが増しています。

・フォグランプ
フォグランプの違いは、前期と後期を見分ける簡単なポイントです。前期モデルはヘッドライトの下に設置された三角形の部分で、アクセサリーランプと一体化しています。後期モデルのフォグランプは、ロアグリルの端に装備された小さい円状のランプです。ヘッドライト下のアクセサリーランプは独立して存在しています。

前期モデル
後期モデル

・テールランプ
テールランプの形状は大きな違いなので、見分けるときに分かりやすいポイントです。前期モデルは縦長でしたが、後期モデルは横長で安定感のあるデザインです。

②内装の違い

前期モデル
後期モデル

・縦型ナビが選べる
前期モデルでは横型ナビでしたが、後期モデルのAグレード以上からは縦型11.6インチナビの選択肢が追加されました。この大型ナビは、前期では一部の特別仕様車などに限られて搭載されていたものです。

・ハンドルの色
前期モデルはホワイト加飾でしたが、後期モデルではブラック加飾となっています。

・おくだけ充電のスペース拡大
フロントコンソールトレイ内に設置された『おくだけ充電(ワイヤレス充電)』のスペースを拡大し、大型スマートフォンにも対応しています。

③安全性能・先進性能の違い

前期モデルの50系プリウスでは、先進安全機能は「Toyota Safety Sense P」が採用されていました。主な機能は下記の通りです。

・プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
・レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
・レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
・オートマチックハイビーム

後期モデルでは、「Toyota Safety Sense」という名称に変わりましたが、主な機能は同じです。しかし、前期モデルではAグレード以上での設定でしたが、後期モデルでは全グレード標準装備になっています。

また、後期モデルには専用通信機DCMを全グレードに標準搭載し、3年間無料でT-Connectサービスが利用可能になったことも大きなポイントです。

おすすめは前期モデル!

走行性能に関しては、前期と後期にあまり差がなく、燃費性能もほとんど変わりません。前期モデル37.2km/L(JC08燃費)、後期モデル39km/L(JC08燃費)と、どちらも低燃費です。走行性や燃費にあまり差がなく、さらに前期モデルの方が安く手に入るため、おすすめは前期モデルです。

外装や内装デザインに特別こだわらないという方は、50プリウス前期モデルで十分満足していただけるかと思います。

50プリウスを買うならエコスマイルへ!

福岡県北九州市のエコスマイルには、現在50プリウスの在庫を多く取り揃えております。カラーやグレードなど豊富な選択肢の中からお選びいただけるので、必ずお気に入りの一台に出会えるはずです。ご来店いただくと、その場で乗り比べることも可能ですので、ぜひ一度エコスマイルへお越しください。

*****************

エコスマイル姉妹店【軽スマイル福岡店】

〒811-2306 福岡県糟屋郡粕屋町阿恵370-5
TEL: 0120-864-950
営業時間:10時~19時/水曜日定休
LINEからのご相談もOK!下記の【友達追加ボタン】をタップしてお気軽にお問合せください。

友だち追加

*****************

【ハイブリッド・コンパクトカー専門店 ecoスマイル】

福岡県北九州市八幡西区本城3丁目4-3(営業時間:10-19時/水曜定休)

お問い合わせ
093-883-6080

友だち追加